Skip to content

タグ: 美容師

新卒生はすぐに就職できるのか

美容専門学校の事をあまり知らない人にとっては、美容専門学校を卒業すれば美容師として働くことができるのだろう、と思ってしまうのですが、実際にはそんなに簡単に美容師として働くことはできないようです。まずは学校を卒業しただけでは美容師を名乗ることはできません。学校を卒業するのとは別に国家試験に合格しなくてはならないからです。むしろその国家試験に合格するために美容専門学校に通っていた、と言っても良いでしょう。そしてその先も全員が自動的にどこかの美容室に割り当てられるわけではなく、美容師免許を取得したら自分で就職先を探さなくてはなりません。そういった点では他の専門学校や一般的な学校を卒業した人たちの就活と何ら変わりはない、と言えるでしょう。もちろん美容専門学校にも新卒の美容師を求める求人が来るようですから、学校の紹介で美容室に就職する事も可能です。ですがだからといって全員分の求人が用意されている訳ではありませんから、自分で探す事が前提でしょう。美容師の免許を持っているのだから美容室を探せばよいのだろう、と思うかもしれませんが、実はこれが意外と難しいようです。美容室が美容師を募集するのは、多くは一人美容師が辞めたから一人採用する、というスタイルなので、新人を大量に採用する、と言う事は少ないからなんですね。

美容師以外の募集

美容室によっては、美容師以外のポジションの人を募集する場合も有りますね。たとえば単純に「スタッフ募集」と書かれているケースも有りますし「フロント募集」「レセプション募集」と言った募集の仕方です。これらは、主に美容師以外の仕事をしてくれる人を求めている、と言う事になりますよね。フロントやレセプションは主に受付の仕事をする、と言う事になるのでしょうけれども、美容室によっては受付以外の雑用も含まれている事もあります。これらの仕事の場合には美容師資格は必要が無い、と言う事がほとんどで、美容室によっては「美容師免許不要」と明記されている事も有ります。そうなるとそこに応募できるのは「美容師免許を持っていないけれども美容室で働きたい」と言う人たちと言う事になりますね。そういう募集をしている美容室と言うのは、割と規模の大きい美容室である可能性が高いですね。小規模の美容室であれば多くの場合実際にお客さんの髪を切る美容師たちがそういった受付業務も兼任している事がほとんどです。受付にわざわざ専門のスタッフを置く、と言う事はそれだけ人件費も掛かることになります。お客さんの人数がそれほど多くなければ、それで十分だ、と言う美容室も多いものです。ですからわざわざそういうポジションで人を募集する美容室、というのはそこそこ規模の大きい美容室だ、と推測されるでしょう。

美容院・美容室の予約はこちら

吉祥寺でヘアサロンを予約するなら

吉祥寺にあるヘアサロン

予約なしでは難しい三軒茶屋のヘアサロン

三軒茶屋にあるヘアサロン

Comments closed

サービスが不可欠な時代

かつては美容室では先生と呼ばれている美容師がお客さんに施術を施す事が一番の仕事でした。もちろん今でもお客さんのヘアスタイルを作ることが美容師の仕事であることには変わりないのですが、近年の美容室はそれと同時にお客さんへのサービスが行き届いていなければ美容室間の競争に勝てない、という風潮が出てきているように思われます。それは一つには美容室の件数があまりにも増えてしまった事による、競争の激化だと思うのです。どんなに腕の良い美容師がいる、といった所で一定レベルの美容師はたくさんいます。どの美容室にも一人は看板美容師がいて、そのレベルがどうかと比較してみてもそんなに差がある物ではないでしょう。そうなってくると他の事で勝負をするしかない、という事になり、それがいかにお客さんに喜んでもらうか、というサービス面の充実という分野になってきたのでしょう。あの手この手でお客さんが喜ぶようなサービスを提供するようになってきましたし、美容師のお客さんに対する態度もまるでサービス業であるかのような態度が求められるようにってきましたよね。本来美容師とは関係のないトーク術なども必要とされるようになり、美容師の資質の中に「会話術」が含まれるようにもなってきました。

最低限の接客

サービスに関する言葉として、「サービス」もありますが「接客」「もてなし」といった言葉も有ります。どれが何をするべきものなのか、という事は明確ではありませんが、美容室においてどこまで必要か、という事も難しいところですよね。イメージ的には「おもてなし」というと相手が喜んでくれるであろうことを提示する、という事だと思われるので、美容室においてそこまでする必要があるのか、という事になるかもしれませんね。ですが最低限接客、という面では失礼の内容にするのは当たり前ですし、お客さんに不快感を与えない、という事を意識しなくてはならないでしょう。良く言われるトーク術とかおもてなし、という面ではそこまでではなくても、最低限接客が良ければお客さんは不快には思わないでしょうし、それで技術的な面で満足しているのであれば通い続けてくれると思います。ですが接客が悪い、となるとそれはいくら技術がよくて気に入った仕上がりになったとしても、もうこの美容室には来ない、という理由に匹敵する事になりかねません。接客が悪いと言う事はお客さんにとっては、美容室で過ごす時間が苦痛となる事を意味します。料金を支払ってその時間を過ごしているのに不快な思いをするのはお客さんとっては辛い時間になりますよね。

注目サロン情報

柏にある人気の美容院

柏にある美容院

笹塚で評判の美容院

笹塚にある美容院

Comments closed