Skip to content

タグ: スタイル

そもそもどうしたいか解らない

お客さんの中にはそもそも「自分がどういうスタイルが似合うのか解らない」という人もいるでしょう。その中にはとてもヘアスタイルやオシャレには興味があるんだけど、自分に何が似合うのか解らないから美容師に相談しよう」という積極的な姿勢でカウンセリングに臨むお客さんもいると思います。ですが逆にそんなにオシャレにも詳しくないし、今どんなスタイルが流行っているのか知らないしあまり興味もない。自分に似合うスタイルになればそれでいいけども、そうオーダーしたら良いのか解らない」というお客さんも多いと思うのです。そういうお客さんのカウンセリングをする時には美容師の側はお客さんを導く様なカウンセリングにした方が良いかもしれません。そういうお客さんに対しては、まずお客さんが具体的なイメージを持つことができる様に導いてあげなくてはいけないと思います。髪の長さや大体のヘアスタイルが決まったら具体的なイメージを描いてもらうためにヘアカタログや画像などをお客さんに見せるのが良いかもしれません。そんなに興味がない、と言っていたお客さんでも「自分がこのヘアスタイルになるのだ」というイメージが沸くとテンションが上がってくる可能性も大いにあります。そのヘアスタイルに仕上がるのを楽しみに思う気持ちにさせるのがポイントでしょう。カウンセリングと言うのはなにも言葉だけでやり取りするものではありません。美容院でパートする求人の業務委託を柏でヘアサロンお客さんの中には「お任せします」といったり「どんなのが似合いますかね?」と言ったりと、わりと美容師任せのスタンスで来店している人もいます。だからといって美容師が一人でヘアススタイルを好きな様に決める訳には行きません。お客さんの好みが全くない、と言う事はあり得ませんからね。そういう時には具体的なものを見せるとお客さんのイメージしやすくなり、自分の好き嫌いを意思表示できるようになると思うのです。その時には美容師の側もお客さんの反応を旨く見抜くことが大切だと思います。ヘアカタログを見せているときにお客さんがどんな表情をするか、と言う事を見てみるんですね。解りやすいのは「質問をしてくる」と言う時ではないでしょうか。そのヘアスタイルに興味が無ければスルーしてしまう所でしょうけれども、興味があれば「このヘアスタイルのバックはどうなっているの?」などと質問してくる事も有ります。そういうお客さんの姿勢を見逃さない事でしょう。また熱心に見入っているか、あまり興味が無さそうか、むしろ嫌いなのか、という事も表情を見ればベテラン美容師なら察する事が出来るでしょう。カウンセリングで質問攻めにされるのが苦手な人でも実際に写真などを見ているときには表情が出てくるものです。

Comments closed