Skip to content

タグ: カウンセリング

施術のプロセスの説明

美容室において良くありがちなのが、カウンセリングをしている間に最初にお客さんが予定していた施術の内容に色々とプラスしなくてはならなくなる、といったケースです。お客さんはそういう時に美容師が言うのならやった方が良いのだろう、ぐらいにしか考えない事が多いようです。美容師が勧める内容をそのままOKしてしまう事も多いようです。ところがそこから問題が発生する事も多いのです。それは予定外の施術をした事によって、お客さんが想定していたその日の料金よりもかなり高くなってしまった、というケースです。こんなにお金がかかるのであればこんな施術はしなくて良かった、と訴えるお客さんが多いようです。こういったクレームを避けるには、必ず美容師が今日のカウンセリングの内容で施術を勧めるならば、何にいくらかかって合計いくらになるか、という事をきちんとお客さんに説明する事でしょう。どんな施術をするのか、それにいくらかかるのか、という事を一つ一つ説明されれば、お客さんはその段階で「そんなにかかるのなら予算外だからやらなくてもよい」という決断をする事が出来たはずなんですよね。ひとつひとつお客さんに納得してもらうように努力する事で、その後のクレームを防ぐことができるというものでしょう。美容師は髪の毛やヘアスタイルのプロですから、カットの最中などに「こうした方が良いな」という自分なりの判断をしてしまう事があると思うのです。もちろんプロの目から見てその方が良いのであれば、そうするべきなのかもしれませんが、すべてのお客さんが美容師を信頼して任せたい、と思っている訳ではありません。美容院がある原宿で縮毛矯正を髪質改善とストレートパーマがおすすめのクーポンで自分なりにこだわりを持ってオーダーをしているお客さんも多いものです。特にヘアスタイルやオシャレに関して興味を持っているお客さんほどそういう傾向が強いと思うんですね。美容師や世間的にはあり得ない、と思うような事でも「こうしてほしい」という強い思いを持っているお客さんもいるかもしれません。そういうお客さんにとっては美容師が良かれと思ってやったことでも、そんな事は頼んでいない!という反応になってしまうかもしれません。ですから美容師はどんなに自分が正しいと思っていても、お客さんとカウンセリングで確認した以外の事項に対しては、きちんとその場でやっても良いか、どの様にしたらよいか、という確認を取るべきでしょう。その場で「こうする方が良いと思うがどうするか?」という事を確認しておけば、たとえ美容師的には納得できない事であっても、お客さんの希望は叶える事が出来るものです。

Comments closed