Skip to content

肌の乾燥を防ぐためにセラミドを補給しよう

乾燥肌に悩む人なら良く実感することかもしれませんが、肌には十分な水分が必要になります。乾燥肌の原因はいくつか考えられますが、肌から水分が失われていることが一番の原因です。乾燥肌の人はスキンケアで化粧水を使って毎回たっぷりと水分を肌に与えているという人も多いと思います。そして保湿のために美容液や乳液、クリームを使ってしっかりと保湿する、これがスキンケアの基本です。でもスキンケアを頑張ってみてもその効果が一時的な物としかならずに、しばらくしたらすぐに乾燥肌の悩みが出てきてしまうという人もいます。水分を十分に補給しているし、保湿もしっかりと行なっているのに乾燥する理由は、肌自体が水分をとどめておくことが出来なくなっているからです。肌に入ってきた水分は蓄えられるのですが、もしも肌にセラミドが不足していた場合、水分はすぐに蒸発してしまいます。保湿を行っていても皮脂で乾燥が防がれていても意味はありません。肌のセラミド不足を解消してあげることが水分を保つ重要なポイントになります。セラミドは年齢の増加と共に減少していくため、高齢になるほど乾燥肌になる理由の一つでもあります。セラミド配合の化粧品も多く販売されていて、減少したセラミドを補うことが出来るようになってきています。セラミドはターンオーバーが正常に機能していると肌で作られます。またコンニャクにはセラミドが多く含まれています。ただ食べ物で補給されたセラミドがどのくらい吸収されて肌に使われるのかは未解明な部分が多いため、化粧品などで直接肌に補ってあげたほうが効果は高いようです。横須賀 美容院

Comments closed

妻が1000円カットに行っていた

その事を妻に言うと、自分が行っている1000円カットはそんなイメージではない、というのだ。北千住 美容室女性の美容師がオーナーで女性客も多く、若い子も結構利用しているのだ、と言うのだ。たとえそうであっても、偏見かもしれないが、1000円カットは決してオシャレなイメージではないので、自分の妻には普通の美容室に行ってほしいと思うのだ。でも妻が1000円カットに行っていること自体これまで気付かなかったのだから、技術的にはふつうの美容室とかわらないのだろうか? 問題は1000円カットに行っている、というイメージが悪いのかもしれが、やはり自分の妻にはオシャレな美容室に行ってほしいと思うのが夫としては本音だ。先日私の妻が1000円カットに行っていると聞いて驚いてしまった。というより、ショックを受けてしまった。自分が描いている1000カットのイメージは中年男性とか子供たちが行くようなお店のイメージで、自分の妻のイメージとは程遠いのだ。まさか自分の妻が中年男性に囲まれたような場所でカットしているとは想像したことも無く、そんなにお金に不自由している訳でもないのに、何もそんなところでカットしなくてもちゃんとしたオシャレな美容室にって欲しい、と思ってしまった。普通妻の年代の女性たちが1000円カットに行くなんてことは考えられなくて、とても恥ずかしいと思ったのだ。

Comments closed

美容室や担当の美容師を変えたい時

私は何も悪い事をしたわけではないのに、こんな思いをするのは納得できませんしたが、ひとり担当者外されたぐらいで、店全体の雰囲気にかかわるなんて、その美容室そのものの環境が良くなかったとしか思えません。もしもちゃんと教育されて接客の心得が行き届いている美容室ならこんなことにはならないのではないか、と思いました。今の美容室はスタッフさん同士の感じもとても和やかです。前の様な思いをするのは嫌だったので、担当を固定される前に、数人のスタイリストさんにお願いしてみました。それで複数のスタイリストさんと仲良くなれたので、以前よりも気が楽になりました。私はずっと担当だった美容師さんを変えてもらった事でちょっと気まずい思いをした経験があります。こちらは客なのですから仙川 美容室担当者と気が合わなくなったら、変わってもらうのは構わないはずだっと思っていたので、気まずくなるのも承知の上で変更をお願いしました。そうしたら新しい担当者の方の方が後輩だったらしく、その人が私の以前の担当者の方から冷たくされている様な感じに見受けられるようになりました。当然私とその元の担当者の人も、挨拶も伏し目がちな感じになり、なんだが私が行くとその美容室全体の雰囲気が悪くなるような気がしていたたまれなくなりました。それで結局その雰囲気に耐えられず美容室自体を変えてしまいました。

Comments closed

結婚披露宴に行くときのヘアメイク

確かにお金はかかるかもしれませんが、自分でする事の手間暇やリスクを考えると、私は美容室に行く事の方が安心だし、気が楽なので少々の出費は我慢する事にしています。やはり仕上がりも違いますから、そのぶんドレスもちょっといいものにしようかな、なんておしゃれ心もわいてきます。特に2次会の予定も有るなら、長持ちされるようにお願いしておきたいですしね。結婚披露宴に招待された時には、それでなくても色々と出費が多いですから、出来る事ならヘアメイクぐらいは自分で何とかしたいな、と思うことも有るかもしれませんが、かなり自信があって、前の日からきちんと準備のできる人でないと、当日は大騒動になるケースが多いようですよ。例えば寝癖一つでも、それを自分で治そうとしたらかなりの時間がかかります。朝起きてみて、今日に限って寝癖がひどい、なんてこともあり得ます。それに自分でセットする場合に、ついつい用賀 美容室でしたヘアメイクに見劣りしないように、と派手目にしがちなのですが、それでかえって派手すぎてしまう、と言うことも有ります。その点プロの美容師なら、マナーの範囲内の「地味すぎない感じ」を良く知っているので、まちがっても披露宴に出席するマナーを無視したような事はしませんから安心です。

Comments closed

気になる美容師へのアプローチ

確かにそれなら、出来そうな気がします。そこから話も広がるかもしれませんしね。特に旅行に行く予定も無いのですが、その友人にでも付き合ってもらおうかな、なんて思っています。今は必ず月に一度は蒲田 美容室予約をして彼を指名するようにして、挨拶だけはしっかりとするように心がけています。きっと素敵な美容師さんなので他のお客さんの中にも私と同じ気持ちの人がいるかもしれませんね。美容師さんって、勿論営業トークも有るかもしれませんが、もとからおしゃべりしたり人と接する事が好きな人が多いようですね。だから彼女にするなら明るくて話の弾む子がいい、という人が多いらしいです。実はわたしは今自分の担当の美容師さんの事がとても好きで、なんとか個人的に仲良くなれないかな、と思っているのですが、私は元から口数が多い方でもないし、意識すると尚更上手く話せません。かれが営業トークで質問してくれる事にもうまく応えられなくて、きっと面白くない子だな、と思われているに違いないのです。それでもこれからなんとかして彼にアプローチするにはどうしたらいいでしょう?友人がアドバイスしてくれたのは、どこかに行った時にお土産を買って帰って、さりげなく渡してみるとかはどうか、と言っていました。

Comments closed

黒髪のよさも見直されているらしい

それだけ美容室との間でのトラブルも増えてきていたのかもしれません。結局美容室でどのぐらい自分の魅力を引き出してくれるスタイリストさんに出会えるか、という事だと思います。黒髪はダサい、という固定観念はもう通用しない時代になっているかもしれませんね。 単純に黒髪・茶髪と線を引かなくても、黒髪に見えるけれども少し赤が入っている、とか光の加減で茶色に見える、とかそういう微妙な加減で調整してくれるスタイリストさんに出会えるとなお心強いですよね。最近は表参道 美容室でカラーリングを希望する人が減ってきていると聞いたことがあります。テレビに出ている芸能人の中でもずっと黒髪で通している女性たちもいて、そんな影響からか黒髪がいいと思う人も増えてきているようです。黒髪は冷たく見えるとかダサいとか言われることも有りますけども、黒髪がそんな風に思われるのは、色の問題と言うよりはむしろヘアスタイルの問題なのではないですかね? だから黒髪がダサイ、とか茶髪がオシャレというよりは、その人がより素敵に見える髪かどうか、という事だと思うんですよね。だからもとから黒髪が似合う人はそのまま無理して茶髪にしなくても良いですよね。その事に気が付いて来た人が増えてきているのかもしれません。カラーリングをすると明らかに髪の毛も傷みますからね。

Comments closed